アフィリエイト

Fetch as Googleの使い方とエラー対策

記事を投稿したはずなのに「全くアクセスが来ない」「自分の記事が検索結果に載っていない」この原因を探る為に、必ずやっておきたい対策がFetch as Googleです。

これは、Googleが出している必須ツールのSearch Consoleにある機能のひとつです。

アフィリエイトを行うなら、『検索エンジン上での露出を増やす』必要があります。

チビちゃん
チビちゃん
けんさくエンジンでの露出・・・?

 

『検索エンジンでの露出を増やす』とは、人が検索したキーワードであなたの書いた記事・サイトが直ぐに出て来るようにする事を言います。

その為に活用するのが、このFetch as Googleなのです。

ここでは、Fetch as Googleの使い方とエラーを回避する注意点をまとめています。

Fetch as Googleとは?

Fetch as Googleの使い方を説明する前に、簡単にどんな役割をしているのか?理解しておきましょう。

ブログ・アフィリエイトサイトで記事を書き、投稿してどのような仕組みで検索結果に反映されるのか?流れを説明しましょう!

 

≪通常の流れはコチラ≫

  1. 記事を投稿する
  2. 記事がインデックス*される
  3. 検索結果の順位がつく
  4. Google検索からアクセスが来る

*ここで言う「インデックス」とは、Googleがあなたの書いた記事を認識してデータ化する事を言います。

どんなに内容の濃い記事を書いても、インデックスされないと意味がありません。

特に新規ドメインなどの運営歴が浅いサイトは、記事を書き「公開」のボタンを押しても直ぐにインデックスされない傾向にあります。(場合によっては、1週間ほどかかることもあり)

 

そこでインデックスを早める役割をするのがFetch as Googleです。

投稿した記事をGoogleにこちらから知らせることで、通常よりも早く&確実にインデックスさせる事が可能になるのです。

ちなみに、棒やボールを投げて犬に取って来させる遊びを『Fetch』と言います。英語の直訳では「取って来る」「呼んでくる」です。

まさに、Googleに記事を取りに来てもらう!って事ですね。

Fetch as Googleの使い方

では、実際にFetch as Google使い方を写真付きで説明していきます

まずは、Search Consoleのアカウント画面を開きます。

左側の▶︎クロール をクリックします。

▶︎クロール を開くと次の画面が現れます。

▶︎Fetch as Google をクリックします。

▶︎Fetch as Google をクリックすると次の画面が現れます。

①書いた記事のURLを追加します。

https://ako-mama.com/ の部分は既にあるので、各記事のパーマリンク後半部分を追加します。

この記事では、 fetch-as-google/  の部分ですね!

 

取得をクリックします。

次にこのような画面になります。

①インデックス登録リクエスト をクリックします。

次にこのような画面になります。

 

 

 

 

必要な部分にチェックを入れ、「送信」をクリックします。

これで、ひと通りの流れは完了です。

AKO
AKO
安心するのは、ちょっと待った!!

Fetch as Googleには、PC用とモバイル用があるので同じ流れでモバイル用も登録します。

URLをもう一度追加した後、PC用からモバイル用に切り替えてください。

その後の流れは、PC用と同じです。

おすすめの作業方法

サイトを立ち上げた直ぐ、特に新規ドメインの場合は「Fetch as Googleでのインデックス登録リクエスト」は必須作業です。

記事を投稿した後に必ず行うよう、習慣化しましょう。

≪3つのポイント≫

  • 新規記事を投稿したら必ず行う
  • 昔の記事を修正・編集したら行う
  • 運営歴があってもFetch as Googleの習慣をやめない

出来るだけ早く&確実にインデックスさせる事で、検索エンジン上にサイトを露出させる事に繋がります。

では、ここでFetch as Googleを正しく使う為の注意点・エラーの解決策も説明しておきます。

Fetch as Googleでエラーを出さない為の注意点

記事を早くインデックスさせる事が大切だと言いましたが、ツールは正しく使う必要があります。

≪基本的なエラー対策≫

  • インデックス登録リクエストのやりすぎはNG!
  • 「一時的にアクセス出来ません」が出たら、24時間程おく
  • 更新した際にのみでOK

毎日1記事書いて、Fetch as Googleを使用する程度ではエラーが出る可能性はかなり低いです。

エラーが出る原因のほとんどは、「Fetch as Googleのやりすぎ」によるものです。

エラーが発生しました。時間を置いてから、やり直して下さい。

 

この様な、表示が出た場合は提示してある様に時間を開ける事で解決します。

この場合、5分とか1時間のレベルではなく、24時間程度あけると確実です。

実際に、「Fetch as Googleのエラーが出たから2時間待ってやり直したけど、ダメでした!」と言う情報もありました。

その問題に対してのGoogleスタッフからの回答がこれです。

この方は、エラーが出た事に焦っていたのかもしれません。

しかし、何度もやりすぎると逆効果です。

 

普段から使いすぎず、新規記事を投稿、または過去の記事を修正した時のみの使用で十分です。

まとめ

アフィリエイトを行う上で、自分の書いた記事・サイトを出来るだけ早く&確実にインデックスさせる為にも、必ず行っていただきたい作業です。

しかし、本ページでも述べた様にやり過ぎはNGですので注意して下さい。

正しい方法で、上手にFetch as Googleを活用して下さいね!

ABOUT ME
AKO
AKO
自由奔放に≪夢≫を追いかけるAKOです。 ママになって、社会の自分の居場所を探してた。おチビちゃんが熱を出しても、誰にも迷惑をかけず働けるところ。 「家族の時間を大切にしながら、頑張った分だけ収入が増える」そんなアフィリエイトに出会い、1年半で月収70万円を超えた。